人と鉄分の関係!なぜ鉄分が必要なのか?

人と鉄分の関係!なぜ鉄分が必要なのか?

私たちの体の中には、血管があり、全身に血液を送る為の管です。
血液は、酸素や体の様々な器官等に必要な栄養素を運ぶ為に必要であり、これが上手く機能しないと、様々な病気を引き起こす要因となります。

 

その為、普段から健康管理が大事なのですが、血液の異常で体に現れる症状の一つに、貧血があります。

 

貧血には様々な種類があり、よく知られているのが、鉄欠乏性貧血です。

 

これは、赤血球の主な成分とされる鉄分が不足することによって、貧血症状を起こすと言うものです。

 

つまり、血液は鉄分で出来ていると言っても過言ではないので、当然鉄分が体にとってとても大事というのが理解出来るでしょう。

 

しかし、その血液の中の鉄分がなぜ不足してしまうのかについては、様々な原因が挙げられており、まず、普段の食生活の乱れによって起こる場合が多いのです。

 

特に女性は、生理等によって血液が外に排出される為、貧血になりやすく、常に食生活の中で鉄分を考えておかないといけません。

 

クックパッドでは、貧血対策のレシピも多くアップされているので、探してみるといいかもしれません。

 

又、食生活以外にも、せっかく食事の中で鉄分を摂り入れているにも関わらず、それが上手く体内に吸収されないという場合もあります。
十二指腸から吸収される鉄分は、わずか10%という確率での吸収なので、なかなか難しい状態です。

 

その上、病気で腸の働きが悪くなっている場合は、益々吸収率は低くなってしまうので、貧血を起こしやすくなるのです。

 

貧血予防の為にも、鉄分はとても大事だという事をしっかりと把握し、毎日の献立の中に、摂り入れてみてください。

 

鉄欠乏性貧血は、ヘム鉄摂取を心がけること!

 

鉄欠乏性貧血は、ヘム鉄摂取を心がけること!

鉄分は、人間の体の全てを通る血液の成分であり、これが不足してしまうと、貧血症を起こしてしまうので、注意が必要です。

 

貧血予防方法としては、毎日の食事の中に鉄分の多い食材を摂り入れることであり、毎回献立には気を付けるのですが、それでも一つの食材の中に含まれる鉄分は微量で、一日に必要な量を摂るというのは、難しい課題でもあります。

 

血液が赤いのは、赤血球の内部に含まれるヘモグロビンであり、これは、ヘム鉄とグロビンという成分が結合したもの、そして、ヘム鉄は、鉄とポリフィリン環で出来ているのです。

 

鉄欠乏性貧血は、ヘム鉄が不足していることが多く、改善としては、普段の食事改善なのですが、食事の中でも、単に鉄分の豊富な食材、例えばひじきを使った料理というだけでなく、そこに、吸収率を高めてくれる食材を摂り入れることも大事です。

 

又、吸収率を高める工夫も大事な要素であり、なぜなら、世の中にある食材に含まれる鉄分は、8割以上が、腸で吸収されにくい食材だからです。
これではせっかく献立を考えていても、意味のない結果になるので、吸収性が高いヘム鉄を選ぶということも、賢い貧血対策と言えるのです。

 

鉄欠乏性貧血は、ヘム鉄摂取を心がけること!

ある研究では、吸収率の高い鉄分のことを、ヘム鉄と、逆に吸収率の低い鉄分のことを非ヘム鉄と呼び、分類していますので、出来るだけヘム鉄の食材を摂り入れることが賢明です。

 

とは言っても、非ヘム鉄にも大事な栄養素がありますので、こちらも摂取するには、それなりの工夫が必要でしょう。

 

ヘム鉄が多く含まれている食材は、豚や鶏のレバー、赤肉、しじみ、あさり、かつおが有名です。

 

一方、非ヘム鉄は、ほうれん草や小松菜、ひじきに、大豆、卵黄等があり、これらは、どんなに食べても、なかなか鉄分が吸収されないのが現実です。

 

その為、ヘム鉄を主に摂ってしまうのですが、実はそれだけでは偏りが生じてしまうので、非ヘム鉄を摂り入れることも頭に入れておきましょう。
そして非ヘム鉄の鉄分が摂取しやすいように、効率的な食材や工夫を取り入れてください。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

鉄分のサプリメントを選ぶコツは、3つ!

鉄分のサプリメントを選ぶコツは、3つ!

鉄分と言うと、貧血予防や対策になるという事で、貧血症が多い女性にとっては、今注目されている成分です。

 

貧血は、全身に張り巡らしている血管を流れる血液の量が少なくなることで、全身に血液が行き届かなくなり、その結果、酸素や栄養素が細胞に届かないので、様々な障害を起こす要因になります。

 

なので、体外から摂取する必要があり、一般的なのが、食事で、鉄分を多く含むほうれん草やレバー、ひじき中心の食生活を心がけることです。

 

しかし、毎日これらの食材を摂っているからと言って、完全に鉄分を摂れたというわけではなく、実は、鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄があり、ひじきやほうれん草と言う非ヘム鉄は、摂取が難しいとされているので、いくら食べても効果が期待出来ません。

 

鉄分を効率的に摂りたいのであれば、ヘム鉄であるレバーを多く摂ると良いでしょう。

 

 

とは言っても、レバーばかりの食材では、飽きが出てしまうので、毎日は無理だとすれば、鉄分を補う意味でも、サプリメントが効果的であると言えます。

 

最近では、数多くの鉄分サプリが登場しているので、その中から一つを選ぶのは、至難の技かもしれませんが、ちょっとしたコツを掴むことで、自分に合ったサプリを探すことは出来るでしょう。

 

 

まず、一番に考えるのが原料であり、パッケージに記載されている原材料を参考に選ぶことです。
天然素材のサプリは、体にとって害が無いので、安心して飲むことが出来る上、副作用もありませんから、健康を維持したいのであれば、選ぶポイントになるでしょう。

 

2つ目は、コストについてです。
出来るだけ安い値段で買いたいと思うのが、多くの人の願いであり、コスパ率が高い商品ほど、売れ筋も高いのです。

 

DHC等は、大手健康食品・化粧品会社ですから、安心ですし、まとめ買いによって、安くなるキャンペーンを実施していることもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

 

最後は、吸収の仕方についてです。
早くに効果が出るのは、飲む側にとっては嬉しいのですが、大量に体内に吸収されるのは、体にとっては大きな負担になるので、出来れば、ゆっくりと吸収されるようなタイプのサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

 

この3つを基本に、鉄分サプリを探してみると良いですね。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

鉄分を効率よく安全に摂り入れる方法

貧血気味という方は、鉄分が不足している場合が多く、血液の主な成分は、ヘム鉄で出来ているからです。
その為、普段の食事から鉄分の多い食材を摂り入れると良いでしょう。

 

鉄分というと、ほうれん草やひじき等が挙げられ、様々なレシピとして利用出来ますが、実は、これらの食品は、非ヘム鉄と言われ、栄養価はあるものの、体内で吸収される率が低いので、せっかく食べても、結果的に外に排出されてしまう率の方が高いので意味がありません。

 

なので、ヘム鉄を思うように摂取したいのであれば、豚や鶏のレバーを摂取すると良いでしょう。

 

鉄分を効率よく安全に摂り入れる方法
そこで、鉄分を効率的に安全に摂り入れる方法について、考えてみましょう。

 

まず、鉄分と切っても切れない間柄であるビタミンCを同時に摂取することです。
栄養を考えた上でも、ビタミンCはとても良い関係性なのです。

それから、妊婦さんは鉄分摂取に注意すべき点があり、それは、鉄分を多く含んでいるのは、レバーですが、あまり多く摂取しないという事です。
なぜなら、レバーにはビタミンAを多く含んでおり、この成分が、お腹の胎児に悪影響を及ぼしてしまうからです。
その為、出来るだけ控えた方が良いですし、鉄分を摂りたいと思った場合は、ひじき等の非ヘム鉄を摂取すると良いでしょう。

そして、意外と知らない人が多いのですが、お茶とコーヒーとの関係性についてです。
実はお茶やコーヒーには、鉄分吸収を妨げるタンニンという成分が入っている為、出来るだけ、これらの飲料を避けなければなりません。
鉄分補助の為に、サプリメントを飲んでいる人がいますが、この時にサプリを飲みやすくする水を、お茶やコーヒーで代用されている方は、意味が無くなるので、絶対に止めるべきでしょう。

最後に大事なことは、サプリメントは補助食品であるということで、基本は、普段の食事の中で鉄分の豊富な食材を摂り入れ、それでも足りない分をサプリで補うという形が理想なのです。
鉄分を安全に効率的に摂り入れるには、上記のような方法で、貧血対策をしていきましょう。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

鉄分不足が引き起こす貧血症の主な症状

女性は、月経等の影響で、血液が不足し、貧血を起こす人が多いのですが、これは、鉄分不足によって引き起こされる症状であるとされています。

 

特に、鉄欠乏性貧血は、その名の通り、鉄分の不足によるリスクが高く、様々な症状を現れるので、要注意です。

 

そこで、鉄分が不足すると起こる貧血症の主な症状について、考えてみましょう。

 

 

鉄分不足が引き起こす貧血症の主な症状

まず、めまいは、貧血の主な症状で、立ちあがると、くらっとする、目の前が暗くなるというのが、よく聞かれますが、これは、立ちあがることで、血流が足の方へ偏り、脳に一瞬血液が行かなくなってしまう状態です。

 

その他には頭痛吐き気、人によっては呼吸困難になってしまうという人もいて、これは生命に関わってくるので、たかが貧血と侮らず、医師の治療を受けることも大事な要素です。

 

血液が不足しているので、血液の量が問題視されますが、実は、本当に大事なのは、血液を通して全身に運ばれている酸素であり、これが不足することで、脳を中心に様々な症状が現れてしまうのです。

 

鉄分は、過剰摂取をしても、自然と体外に排出される為、副作用と言われる程の問題になることはありませんが、逆に不足してしまうことで、上記のような症状になり、これが長引いてしまうと、慢性化して、治療をしても、回復する率が低くなってしまうのです。

 

こういった貧血症を治すには、鉄分豊富な食材と共に、ビタミンやミネラル豊富な食材も摂り入れることで、より一層効果が高くなるということ、緑茶やコーヒーとは一緒に摂取しないということを頭に入れて、鉄分補給に努めましょう。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

貧血気味なら、DHCのヘム鉄生活を!

DHCと言うと、化粧品から健康食品から、幅が広く、コンビニで手軽に購入できると言うことで、知らない人がいない程です。

 

そんなDHCのブランドから、ヘム鉄が登場しました。
1日2粒を目安に、20日分を一袋にしたもの、又、お得なヘム鉄90日分もあり、毎日しっかりと鉄分を摂りたい方にお勧めです。

 

この商品の魅力は、ヘム鉄が入っているだけでなく、そこにビタミンB2や葉酸も含まれているということで、女性にとっては、トリプル成分セットと呼ばれています。

 

鉄分は、赤血球を作りますし、ビタミンB2は、赤血球を作る手助けをしてくれる成分、そして葉酸は、妊娠出来る環境や胎児の生育を助ける作用があるのです。

 

貧血気味なら、DHCのヘム鉄生活を!
女性は、生理等で、毎月出血をする為、貧血ぎみの人が多く、鉄分やビタミンはとても大事な成分ですし、将来子作りを考えている方にとっては、葉酸が配合されているというのも、魅力の一つでしょう。

 

サプリメントの錠剤タイプは飲みづらいという人も多いのですが、DHCのヘム鉄はカプセルタイプなので、味を感じることもなく、とても飲みやすく、たった2粒ですから、一日の摂取量としては、苦痛に感じることはありません。

 

又、カプセルの大きさも1.5センチ程で、一度で飲みやすく、体内に入った後の消化・吸収も早いので、早い段階でヘム鉄効果を期待できるのです。

 

勿論、ヘム鉄摂取は、出来るだけ食事から摂り入れるのが理想であり、サプリメントは補助食品なのですが、食材では十分摂りきれないので、サプリメントでしっかりと補っていきましょう。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

プルーンで貧血改善!鉄分豊富は本当なのか?

プルーンで貧血改善!鉄分豊富は本当なのか?

小さい頃から、「プルーンを食べると、鉄分が取れるから、食べなさい」と言われていた人もいるでしょう。

 

確かにプルーンには鉄分が入っているのですが、その量に対しては、そう沢山というものではなく、ごくごく微量です。

 

勿論、他のフルーツよりも鉄分が入っているということで、話題なのですが、レバーやほうれん草等からすると、その量はごくごく僅かなのです。

 

又、量が少ない上に、吸収率もそれほど良くないので、貧血予防としてレーズンやプルーンを摂取するのは、効率的であるとは言えません。

 

それは、プルーンやレーズンが、非ヘム鉄の為、体内での吸収率が低いと言う理由でもあります。
では、どうしてプルーンが鉄分豊富と言われているのか、そもそもプルーンは意外にもカロリーが高めな上、1粒に少量しか含まれていないので、必要な鉄分を摂るとなると、大量に食べないといけないことを考えると、無理な話なのです。

 

それでも、プルーン=鉄分と言われるのは、鉄分以外にも豊富な栄養素が含まれているからであり、レバーやほうれん草等は、そのまま食べることが出来ず、調理の必要があるのに対し、プルーンはそのまま食べることが出来ます。
その手軽さから、プルーンが鉄分摂取に効果的であるとされているのでしょう。

 

他の豊富な栄養素と言うのは、食物繊維やビタミンA、E、葉酸、カルシウム、カリウムが含まれているということで、私たちの健康な体作りの為には無くてはいけない栄養素が豊富に含まれているからです。

 

特に葉酸は、不妊症の方に効果が高く、妊娠後も、胎児の生育に働きかけてくれるので、毎日でも食べて損はないでしょう。
レバーが苦手という人も多いので、プルーンを毎日食べて、そして鉄分の不足分は、サプリメントで補っていけば、徐々に貧血も改善していくことでしょう。

 

又、そのままの食べ方に飽きてしまったという人は、クックパッドのレシピで、プルーン特集情報がアップされていることもあるので、チェックしてみてください。

 

健康と美容の為にもレーズンは欠かせない食品と言えますね。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

過剰摂取は命とり!?ヘム鉄の理想的な摂取量

過剰摂取は命とり!?ヘム鉄の理想的な摂取量

ヘム鉄は、貧血予防の為に必要な鉄分であり、毎日食品の中から摂り入れることが理想なのですが、思うような食材が無く、吸収率も悪いので、サプリメントで摂取するのが、ベストなのです。

 

サプリメントは目安量がパッケージに記載されているので、特に問題がありませんが、それでももっと効果を得たいと、大量に飲んでしまうという人もいます。

 

一般的に、ヘム鉄を多く摂っても、尿で出てしまうので、副作用と言われるような症状は特に気にしなくてもいいのですが、それでも、極端に多くなると、体調を崩すこともありますので、注意が必要です。

 

尿等で体外に出てしまうヘム鉄の量は、1mg程度で、その分をプラスして大体12mg程を一日に摂取するのが、目安となりますが、サプリメントは元々規定量があり、目安として何粒飲むようにと指定されているので、その量を守っていれば、問題は無いでしょう。

 

勿論、サプリメントは、補助食品的な要素なので、出来るだけ普段の食事からヘム鉄を摂り入れることを基準とし、その補佐としてサプリメントを摂るのが良いのです。

 

又、食事から摂り入れる際には、ヘム鉄と非ヘム鉄があり、豚や鶏のレバーは、ヘム鉄に分類され、多くの鉄分を含んでいて、吸収されやすい成分でもあるので、献立に取り入れてみてください。

 

毎回となると、マンネリ化しやすい食材なのですが、クックパッド等では、レバーレシピも多く登場してるので、参考にしながら、貧血対策をしていきましょう。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

効率的に鉄分を摂取するには、サプリがオススメ!

効率的に鉄分を摂取するには、サプリがオススメ!

女性は、生理等、毎月出血することが多く、その分、男性よりも貧血になりやすいのです。

 

普段からの貧血予防としては、食事改善が基本ですが、多く含まれ、吸収率の高い食材もその数は少ないので、毎日となれば、マンネリ化してしまいます。

 

又、非ヘム鉄は、吸収率が低いので、いくら食べても、なかなか吸収されないことを考えると、献立を考えるのは、とても難しいですね。

 

そこでお勧めなのが、サプリメントの力です。
サプリメントには、適応量飲むことで、一日に必要な栄養素がじゅっと濃縮されており、水と一緒に飲むだけという手軽さが、多忙な人にとっては、まさに理想の方法と言えるでしょう。

 

飲むということを忘れなければ、毎日鉄分を摂取でき、自然と貧血改善に繋がっていくのです。

 

勿論、毎日の食事からヘム鉄を摂り入れるというのが、一番良い方法なのですが、それが難しいので、サプリメントと言う形で摂取している手前、サプリは第二の栄養素として考えてください。

 

効率的に鉄分を摂取するには、サプリがオススメ!

なので、レシピを考える際には、やはり鉄分を主に摂取できる食材を選び、それと併用してサプリを摂るというのが、理想の方法です。

 

とは言っても、同じヘム鉄サプリと言っても、様々なメーカーから発売されているので、どれがいいのか迷ってしまうのですが、中でもブランドの物を選ぶと、質も良く、効果も高いし、ブランドと言う安心感があります。

 

ヘム鉄には、その他にも、運動能力や記憶力、学習力のアップ、不眠症改善効果も期待出来るので、貧血だけでなく、様々な症状改善に繋がりますから、男女問わず、年齢問わず、多くの人に摂取してもらいたい成分でもあるのです。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26

知らないと損する!貧血以外にもある鉄分の効果とは?

知らないと損する!貧血以外にもある鉄分の効果とは?

鉄分は、貧血予防の為に必要な成分として、知らない人はいない程、有名な話です。

 

不足しがちな鉄分は、普段の食生活の中から摂り入れるのが理想であり、レバーやほうれん草、ひじきに多く含まれています。

 

毎日の摂取となると、献立を考える主婦としては大変なのですが、クックパッドでは様々なレシピが登場していますので、毎日アレンジを変えて、マンネリ化を防ぐことが出来ます。

 

勿論、食事だけでは、完全に鉄分を摂ることは難しいので、そういった場合は、サプリメントで補うのですが、意外と知られていないのが、鉄分の効果についてです。

 

貧血改善以外にも、様々な効果があるということをご存じでしょうか?

 

まず貧血は、辺りが真っ暗になり頭がくらっとする症状以外にも、注意力散漫や記憶力低下と言った脳の障害を起こすこともあります。

 

又、イライラ感や寝つきが悪い等の精神面の不安を訴える人も多く、極度に鉄分を不足してしまうと、うつ病を引き起こすという怖いケースも検証されています。

 

女性は、月経等があり、貧血状態になりやすいとされていますが、基本的な生活をも脅かす症状もあるということで、重くならないうちに、適したケアをしていくことが大事なのです。

 

特に鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、非ヘム鉄は体内で吸収されづらいので、効率的に摂取したいのであれば、ヘム鉄を多く含んでいる食材を選ぶべきでしょう。
サプリメントで摂取する場合も、ヘム鉄含有量が多いタイプを選ぶことが、賢明です。

 

最近、イライラする、怒ってばかりいる、気分が優れない、情緒不安定であると言う方は、鉄分が不足している恐れがあるので、毎日の摂取を心がけるようにしてください。

» 続きを読む

  • 2015/03/26 12:01:26